2008年03月23日

心は晴れて。

選手入場!


曇り空でも、熱い熱い!
いやぁ、楽しかった!!




本日ホーム小瀬にて、対アビスパに2−2。
…またもや引き分けにて、未勝利に終わりましたが
四試合で、ようやく合わせて勝ち点3ですが
でも今日の試合は、前3試合とは違いました。
開幕戦のように、試合後に大ブーイングもおこらなければ
二試合目のように、スタンドから罵声とともに
物が投げ込まれることもありませんでした(絶対ダメです)
小瀬は拍手と声援に包まれていましたねぇ…。
前半はやや押され気味の展開ではありましたが
それでも、ゴールに向かうひたむきさと、必死さと
後半、特にロスタイムの怒涛の攻撃は、もう楽しくて
でもって詰めの甘さが愛しくて(泣笑)

特に、本日スタメンの高卒ルーキー吉田。
彼は走って走って、当たって転んで、果敢に切り込み。
試合終了後、スタンドから吉田コールがおこるほど
素晴らしいプレーでした。良い選手ですね。今後が楽しみです。
ジョジのゴールに、大西のゴール。
やっぱり、ゴールが決まると、サッカーは断然面白い。

ドローが決まるホイッスルに落胆しながらも
サポーターは、みな笑っていたのが印象的です。
きっと次は勝ちます。




posted by りょぼ子 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇!観戦!感激! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

開幕戦の青。

選手入場!

選手入場。

空も青
スタンドも青
選手も青き戦士です。



勘違いされることもないとは思いますが
ごっつい手は、私じゃありません(笑)
一緒に観戦したVF狂紳士です。


さて、いよいよJ開幕。
…舞台がJ2なのは、残念なのですが
BACK TO J1!
今季はこれをテーマに、サポも応援します。
観劇観戦カテゴリを作ったわりには
こちらのブログには一度も
サッカー記事を書いていませんでした。

以前は、そりゃもう、評論家の如く語りまくりましたが
マニアックすぎたのか、熱すぎて引かれたのか(苦笑)
サッカーの話題に誰も付いてきてくださらず(本さま感謝)
それらを教訓に、こちらでは
競技場の空と、試合結果のみアップ(笑)

VF甲府VS岐阜FC、1−1のドロー。
「失った勝ち点2」という勝ち点1を得る。

相手は、今季J2に昇格したチーム。
VFは昨年までJ1で戦っていたチーム。
「勝って当然」というムードに包まれていたスタンド。
同点に追いつかれ、ホイッスルが鳴ると同時に
競技場はサポーターの大ブーイングに包まれました。

ブーイングはしなかったけれど
それでも、すごく、悔しい。
声に出さなくても、悔しい、悔しい。
そんな試合でした、ヴァンフォーレの開幕戦。
こんなんじゃ、J1は遠い。

次、勝ちましょう!


でも、楽しかったな。
久しぶりに手を合わせ、歌い、胸躍らせ。
羽地のゴールには歓喜の叫び!


スタンドを彩る青と赤。


走れ走れ
青と赤の
誇りを持ち

posted by りょぼ子 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 観劇!観戦!感激! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

オペラ縦横無尽。

絨毯座のミニオペラコンサートに行ってまいりました。
観劇レポ用のブログを閉じてしまいましたので
こちらに写真とプログラムだけアップしておきます。


「オペラ縦横無尽」〜ドニゼッティとマリピエロ〜

ソプラノ:宮本彩音
ピアノ:野口幸太(編曲、企画)
ピアノ:今井友貴


門仲天井ホールにて。
初めて訪れたホールでしたが
階下に見下ろす夜景が素晴らしく、心地良い空間。

門仲天井ホール。

絨毯座は2005年秋に立ち上げられたオペラグループ。
「絨毯一枚あれば上演できるオペラ」をモットーに
シンプルにオペラに切り込んでいくフットワークの軽さが身上。
その旗揚げ公演、コジ・ファン・トゥッテも鑑賞しましたが
私のような素人にも「オペラって楽しい!」と感じられる
楽しく面白い舞台でした。

今回は小labo(コラボ)と銘打った
気軽にオペラを楽しめるミニコンサート形式。

以下本プログラムより。

1.ドニゼッティ作曲《リタ》より
 序奏とアリア「家も宿屋も順風満帆!」
 Rita:宮本彩音
 Piano1:今井友貴
 Piano2:野口幸太、Arr:野口幸太

2.ドニゼッティ作曲《真夜中に》
 Sop:宮本彩音
 Piano:野口幸太

3.ドニゼッティ作曲《愛の文通》
 Sop:宮本彩音
 Piano:野口幸太

4.ドニゼッティ作曲《シンフォニア》ハ短調
 Piano:野口幸太

5.ドニゼッティ作曲《ドン・パスクヮーレ》より
 「騎士はそのまなざしに」
 Norina:宮本彩音
 Piano:野口幸太

6.マリピエロ作曲《ベルニの2つのソネット》
 Sop.宮本彩音
 Piano:今井友貴

7.マリピエロ / 野口幸太
《偽のアルレッキーノ・パラフレーズ》
 Piano1:今井友貴
 Piano2:野口幸太

8.ドニゼッティ / 野口幸太
《カンパネッロ・パラフレーズ》
 Piano1:今井友貴
 Piano2:野口幸太

9.ドニゼッティ 《連隊の娘》より
「では、決まってしまったのね〜富も栄華の家柄も…」
 Maria:宮本彩音
 Piano1:野口幸太
 Piano2:今井友貴


んぁーっ!!!!!
面白かったです!!!
(…えーっと、語彙貧で申し訳なし;)
私、正直このお二人の作曲家、知りませんでした(爆)
いやほら、オペラを観始めたのだって数年前ですし
絨毯座さんのようなマニアックな選曲(誉めてます!)
知ってるわけないじゃないですか。
でもですね、面白いんですね…すっごく。
宮本さんの歌声は言うまでも無く(陶酔…)
野口さん、今井さんの連弾も圧巻!すごい!
歌曲、ピアノ曲を解りやすく紹介してくださり
作曲家お二人の魅力が充分伝わりました。

楽譜探しに奔走された苦労話(笑)
などのトークも面白かったのですが
絨毯座主宰、演出家である恵川智美さんの
「オペラとコメディア・デラルテ」についての
レクチャーが興味深かったですね。

愉快な人々。

終演後、舞台上のこのカード、ひとつひとつについて
恵川さんが説明してくださり、勉強になりました。

ちなみに、これがオープニングに歌った暴力妻(笑)
Rita:酒屋の女将。


ラストのアリアは、鳥肌ものでした。
オペラって楽しいな。

絨毯座のみなさま
出演されたみなさま
素敵なひとときを
ありがとうございます。

posted by りょぼ子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇!観戦!感激! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

ああ甲府、輝く夜空。

空カテゴリからこちらにお引越ししておきます。


27日の夕方から台風20号の暴風域に入り
県下全域に、大雨暴風洪水警報が発表。

そんな中、サッカーの応援に行こうとする私を
両親も兄も、馬鹿者呼ばわりで送り出してくださいました。
なかなか、スリリングなドライブを経て競技場へ。

おお!土砂降りだ!!

豪雨の中の小瀬

…照明が明るすぎて雨も見えませんね。

予定では、小瀬の輝く夜空を撮りたかったのですが…
まあ、当然ながらびしょ濡れですが
ポンチョを着ているから大丈夫!

ヴァン君も着ていました。
しかもポンチョが耳カバー付き…
(寒さに手が震え、写真ブレまくり;)

びしょ濡れヴァンくん

この悪天候にもかかわらず、小瀬には9056名のサポが。
一生懸命、声を出し、手を打ち、歌を歌い、応援しました。
マリノスに1−1の引き分け。
詳細は、本館で語るとして…
自力での残留はなくなりました。

ですが、甲府が大好きです。
諦めません、最後まで。
勝ちましょう、残り四つ。

帰り道、雨が上がり雲が去り
月も星も輝く素晴らしい夜空でした。
選手のみなさん、サポのみなさん、お疲れさま。
posted by りょぼ子 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇!観戦!感激! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。